pagetop

ODK facebookページ

IR情報メールの配信登録

Webからのお問い合わせ

IR情報

中期経営計画/事業戦略

平成29〜31年度 中期経営計画の概要

『新しいODKへのモデルチェンジ』

企業ビジョン

経営理念 情報サービス事業を通じて、顧客の繁栄・社会の発展に貢献する
経営基本方針
  • 1. 常に技術の向上を図り、優れたサービスを提供し、顧客のさらなる信頼を得る
  • 2. 先を見据えたグローバルな視野で、未来を創造する
  • 3. 働く喜び・生きがいを感じられる、魅力ある会社生活を実現する
行動指針

Chance チャンスを見つけ出し、必ず掴み取る意欲を持って

Change 変化を恐れず、柔軟な姿勢を持って

Compliance 全ての行動において、法令・社会規範・社内規則を遵守し

Challenge 高い目標を持って、常に挑戦し続けよう

基本認識

基本姿勢 3S(Satisfaction・Speed・Security)の徹底
3C(CSR・Corporate Governance・Compliance)経営の実践
基本方針
  • 1. 新たな領域へのチャレンジ
  • 2. 収益力アップ
  • 3. 選択と集中
基本戦略
  • 1. アライアンス・M&Aを活用した新規事業創出
  • 2. 商品ラインアップ充実、戦略的営業展開
  • 3. 業務推進方法の見直し、固定費の変動費化

経営目標

経営目標

業績推移(単体)

本年度数値目標(連結)

  平成28年度
実績
平成29年度
目標
売上高 4,311 4,900
経常利益 183 200

(単位:百万円)

平成29年度 事業計画

重点課題
  • 医療システム開発への参画、AIサービスの提供
  • UCARO・マイナンバー関連サービスの拡販
  • 業務別・顧客別収益性管理の徹底、外部リソースの有効活用

事業戦略マーケットデータ

教育業務関連教育業務関連のマーケットデータ

環境認識
  • 政府主導による教育改革の本格化
    (多面的・総合的評価の実現に向けた動きを加速)
  • 大学入試における英語試験に、国が指定した外部試験の結果活用を検討
  • 文部科学省が大学入試への外部試験活用等を検討
  • 文部科学省が教育ICTを推進(2020年を目途に情報端末を整備)
戦略 受験ポータルサイト「UCARO」の本格運用開始
  • 大学間の垣根を越えて、受験生が利用する全てのシステムを集約
    (受験生の利便性向上)
  • 「UCARO」を通じた受験行動への転換
    (受験に関するすべての行動を「UCARO」で完結)
  • “受験のペーパーレス化”を実現し、“エコ入試”への移行を促進

「UCARO」に関する取組みの推進
  • 高大接続・学修支援プラットフォームとしての「UCARO」実現に向けた検討を促進

「Movie インタビュー for University」提供開始
  • 日本初の入試向け面接サービスを提供開始

ナカバヤシグループとの協業のさらなる促進
  • プリンティング業務の委託
  • アウトソーシング業務の連携強化
  • 試験運営支援

学研グループとの協業深耕
  • 2020年の「情報端末整備」を見据え、教育コンテンツのデジタル化・アプリ化等のノウハウを蓄積
  • ITソリューションの拡充等による新規顧客の獲得
  • 教育関連事業の領域拡大

受託目標 教育業務 受託目標

証券・ほふり業務関連証券業務関連のマーケットデータ

環境認識
  • マイナンバー制度開始及び利用範囲の拡大
  • 各種新制度開始や金融庁等からの要請により、各金融機関の対応事項が増加
  • 周辺業務のアウトソースに向けた動きの強まり
戦略 マイナンバー関連サービスの提供
  • 金融機関向けに特化し、マイナンバー対応をトータル支援
  • 各種口座開設事務ノウハウを活かした事務代行(BPO)サービスの提供
  • 安全性を担保したマイナンバーネット収集システムを提供
  • 高セキュリティ環境を活かした管理システムの提供

証券総合システム「SENS21」の機能追加
  • 新制度創設に合わせた「SENS21」の機能追加を検討

各種周辺サービスの充実・提供
  • 多角的な収益源の獲得に向けたサービスの拡充
  • 既存サービスの強みを切出した新たなサービス提供の実現
受託目標 証券業務 受託目標

情報処理産業界情報処理産業界のマーケットデータ

環境認識
  • 人工知能(AI)やIoTといった先進技術の活用機運高揚
  • インターネットを通じたサービスが拡大
  • ビッグデータ活用機運高揚(政府が法整備に着手)
  • クラウド・サービスの隆盛
戦略 ファルコホールディングスとの協業案件の具体化に向けた動きの加速
  • 【2016年6月〜】
      ファルコバイオシステムズが担う臨床検査システムの運用業務を受託開始
  • 【短期目標】
      既存サービスの充実化の検討
     (他のサービスノウハウの流用を視野に入れた既存サービスの充実を
     継続検討中)
  • 【中長期目標】
      協業サービス(新サービス)の検討
     (両社間でプロジェクトチームを設け、医療情報システムの充実を目指した
     サービスを継続検討中)

AIソリューションの提供に向けた検討を加速
  • リアルグローブとともに、最先端技術を用いたビジネスプラットフォームを検討・開発

株主・投資家の皆さまへ
経営方針